Shutter stockで不労所得を目指してみる

こんばんは、Sumitoです。即位礼正殿の儀も無事終わりましたね。また一つの時代が始まったな、という感じです。これからの未来が明るい話題でいっぱいになるといいですね。

さて、私はここ最近poplleなどのポイ活の影響で写真を撮るのにハマっているのですが、この写真を更に生かすために先日Shutter stockに投稿を始めました。

Shutter stock(外部サイトに飛びます)

Shutter stockとは、いわゆるストックフォトと呼ばれる写真・イラスト・動画などの素材サイトのひとつで世界150か国、140万人が活動する超巨大サービスです。「サブスクリプション」と呼ばれる定額制度を利用したライセンスの販売制度をいち早く行い、世界から圧倒的な支持を受けています。

投稿者はメディアを投稿する際に品質チェックを受けて、審査に通った素材が順次販売されます。ところがこの審査がなかなか厳しい。良い作品かどうかというクオリティは問われないのですが、ノイズの多さや画像のゆがみ、遠くに小さく小さくうつっている企業ロゴなど細かい指摘をされて落とされる…。10点くらい自信満々で送った写真が全部落とされたりするとさすがにへこみますね。

なんやかんやしながら私は2カ月間で約150点ほどの作品を投稿してみました。内容は風景や記号的な物、メッセージ性を入れたものまでさまざま。さて、どのくらい売れたのか…!?

3点売れました!75セントゲット!!!

ダウンロード先は大阪、中国、イギリスと様々。自分の作品が海外に需要でてくれるなんて…!

たった75セントですけど自分の作品が選ばれた!という喜びはめちゃくちゃありました。

会社でもらう給料とはまた一味違った喜びがありますよね。

そして少額ですが、一度投稿してしまえば後は一切触る必要なし、いわゆる不労所得であります。

現在の作品が150点で一か月あたり37.5セントとして、単純に100倍点数を増やせば一か月あたり37.5ドル程稼げる可能性もあるというわけです。

軌道にのるまでは大変かもしれませんが、何もせずに毎月チャリンチャリン入ってくるお金は超魅力。これからも頑張ってたくさん投稿しますよ~。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です