はたらく細胞、予防接種で大活躍

こんばんは、Sumitoです。

私に引き続いて、子供たちにインフルエンザの予防接種を受けさせてきました。

今までは注射のたびにギャースカと泣きわめき、逃げ出そうとする始末だったのですが、今回は力強い味方がいます。

この日のためにAmazonPrimeVideoで「はたらく細胞」を見させたのです!

はたらく細胞

人の細胞の数、およそ37兆個(新説)。細胞たちは体という世界の中、今日も元気に、休むことなく働いている。酸素を運ぶ赤血球、細菌と戦う白血球……そこには、知られざる細胞たちのドラマがあった。擬人化モノの新定番、大人気コミック「はたらく細胞」が待望のテレビアニメ化!誰もが共感できる、体内細胞擬人化ストーリー!(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

AmazonPrimeVideoより

体内の細胞やウイルスたちを擬人化したアニメなのですが、専門用語が飛び交っているにもかかわらず、とてもわかりやすく体の仕組みを説明してくれます。キャラクターもかわいらしく、ライトなギャグを挟みつつ終始学術的且つ平和的に話がすすんでいくので親としても安心して見せていられます。(一部流血表現注意)各細胞の役割紹介などは中学、高校のレベルなので学校の勉強にも一役買いますよ。

子供たちも小さいので、そこまで深くはわかってなかろうと思っていたのですが、

「注射をするとB細胞が抗体をつくってキラーT細胞や白血球がインフルエンザのウイルスをやっつけてくれるよ。」と説明したところ「白血球が強くなるならがんばる」とのことで。

無事に6歳と3歳、泣かずに注射を終えることができました。

はたらく細胞と、AmazonPrimeVideoに感謝!

うちのAmazonゴールドカードも喜んでおります…。




しかし、予防接種代が一人当たり4000円で、子供は2回接種…。高ぇー!病院によって値段も違うようなのですが、会計になってはじめて金額を知らされるガチャシステム!スーパーのチラシみたいに「ウチは2000円だよ!」とか書いてはっておいてぇぇぇ!!!そしてキャッシュレス決済させてえええぇぇ!!

でも健康はお金には代えられない!健康が第一ですよ!(血涙)

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です