今回の暴落で感じていること

こんばんは。Sumitoです。

コロナショックによる株価低迷、なかなか止まりませんねー。

私は臆病な性格が幸いしてキャッシュポジションが多かったので、精神的な安定をなんとか保っているのですが

リスク資産70%とか持ってたら卒倒していたと思います…。

自分のリスク許容度知っておくのマジ大事。

そして何より、リーマンショックを生き残ってきた猛者たちの助言や

何度でも市場は暴落から立ち直ってきたという事実が私を支えてくれています。

例え世界が大変なことになろうとも、人類が生き続ける限り商業活動が起こる。

人々に欲望がある限り、株式市場は存在し続けるのです。



今回の暴落で感じたことを羅列していきます。

これは次の暴落が来た時の自分への戒めの意味です。

また、暴落は現在進行中でもあります。

パニックになってあせる自分に立ち位置を知らせるためのものでもあります。

・下落、暴落は最高潮から突然やってくる。逃げるヒマなんてないと思ったほうがいい。

・本当にヤバい下げは全部下がる。米国だろうと日本だろうと新興国だろうと下がる。

・債券も下がる。金も下がる。

・超緊急事態には本当に安全なものは現金しかなくなる。(インフレになるとこれも危うい?)

・下がってるときにどこが底かなんてわからない。どこから入ればいいかなんてわからない。

・自分の目的を見失うな。20年後に儲けるために今がある。

今回の暴落を受けて各国は市場への支援を思い切って行っていますが、根本となる新型コロナウイルスの終息や、原油価格の調整が終わらない限りは悲観的な傾向は変わらないことでしょう。

いつ終息するかなんて誰にもわかりませんが、安くなった株を拾っていけば夜が明けた時に私の手元には豊かな実りがあるはずです。

そのうちくる夜明けを信じて、息切れしない程度に歩いていきたいと思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です