つみたてNISAとIDECOの様子

こんばんは。Sumitoです。

昨夜も米国株は下落!

上がったり下がったり忙しいですが、新型コロナウイルスによるアメリカでの外出制限などがおさまらない限りはなかなか底は見えないのでしょう。何せ、現地の人たちは株どころではない人もたくさんいるはずです。

日本は幸い今のところ大きなパニックは起きていないわけですが、いつこのバランスが崩れるやもしれず…。

みんな気を抜かずにいてくれればいいのですが…。なんだかだんだん自粛疲れもあり世間的に緩んでる感じ。

さて、そんな下落相場の中私のつみたてNISAとIDECOの様子はどうなっているのでしょうか。

あんまりチェックしてなかったけど多分すごいことになってるはず…。



つみたてNISA

たわらノーロードTOPIX -19%

たわらノーロード先進国株式 -20%

IDECO

eMAXIS Slim先進国株 -22.5%

eMAXIS Slim新興国株 -20.3%

どれもちょうど元本から-20%といった具合ですね。

思ったよりもんのすごい減り方ではなかったという感想です。

コロナショック前は+10%ちょいほどあったと記憶しているので30%ほど減ったことになりますか。

今まで成績が悪かったたわらノーロードTOPIXが僅差ではありますが一番下落率が低いのに驚きです。

今のところコロナの被害も案外少ないためか、下がってはいるものの踏ん張っているのですね。

つみたてNISAもIDECOもまだ始めたばかり。

このまま低い株価が続くのであればしばらく株を安く買えるわけですし、

回復するのならばそれはそれで一安心といったことになります。

現在下落して18000ドルほどのダウ平均は20年前には10000ドルほどをうろうろしていました。

この先も同じように成長するのかはわかりませんが、少なくとも過去の数字を見るにきっと私に富をもたらしてくれることと信じています。

毎日気が滅入るニュースが多くなっていますが、

決して絶望せずにコツコツと買い増しを続けたいですね。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です