今月のETF買い付け

こんにちは。Sumitoです。

緊急事態宣言が本日発動とのこと。

法律で決まっていることなので仕方ないのですが、外出禁止や移動禁止に強制力がない宣言で果たしてどのくらい効力があるのか気にかかります。まあ、普段より出歩く人が一部でも減れば疫学的には効果があるのかな?

他の国のロックダウンの状況などを見ているとどうやら1か月ほど死ぬ気で人の移動・活動を無くせば地獄のようなピークはとりあえず越えるようです。

今から1か月ですとちょうどGWが過ぎるくらいですか。GW前くらいにまた気が緩んで自粛疲れによる第二波が来なければよいのですが…。



さて、毎月9日ごろに買い付けをしていたVT。

OPECの原油減産の協議が延期になっていたことで今月はある程度安く買えるぞヒヒヒ…。と思っていたのですが

NYやイタリアのコロナの惨状がピークを越えた模様という安心感から、株価がプレマーケットで上昇していました。

本来決まった日に決まった額を買い続けるのがドルコスト平均法というものですが、この「バスに乗り遅れるな!」感に耐えられず、急遽買い付けを早めることを決定。

もちろん期待からくる上げであり、実体経済が追い付いているものではないのでまた下がりそう感はあるのですが、いずれにしても9日に今より株価が安い可能性は低いとみての決定です。

先週でも、その前の週でも今よりも安かったのになあ…。と思いつつ、VTを62.8ドルで29株買い増ししました。

朝起きると63.88ドルまで上がっていたのでこの日の中ではいいタイミングでの買い増しだったと思います。

VTの取得単価はナンピン効果で73.05ドルまで下がっています。

これでアフターコロナに元の株価まで戻ればえらい儲けやで…!

また、先週・先々週と臨時収入があった時やお小遣いに余裕がある時にはHDV、SPYDを少しずつ買い増ししています。

減配は十分あり得ますがそれを考慮しても今の利回りは非常に魅力。株価もいずれ戻ることでしょう。

長期で見ればどこで買っても安いのですが、今はその中でもかなり安いはず。

種をどんどん撒いていきます。

今後二番底が来るのか来ないのか。それはMr.マーケットにしかわかりません。

幸い私は現金比率多めのポートフォリオを組んでいましたので下がればまた買うだけです。

余力はたっぷり残してあります。

後は自分や周囲の人間の健康に気をつかうこと。

生き残れば勝ち、です。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です