マイナンバーカードゲット

何年もの間、早く作らねば作らねばと思いつつも

写真を添付して書類を記入せねばならないという煩わしさに放置し続けていたマイナンバーカードをついに作成しました。

いつのまにやらスマホからの申請もできるようになっていたのですね。

マイナンバー発足当時に通知カードと一緒に送られてきていた交付申請書に記入されているIDとスマホがあればすぐにでも申請可能です。

顔写真もスマホで撮影してそのまま送付できます。髪型のセットと写真のバックになる白い壁がある場所の確保をお忘れなく。

自治体によっては今申請すると3カ月待ちとかもあると聞きますが、私の住むクソ田舎では3週間ほどで出来上がりの連絡ハガキが来ました。

カードを受け取りに行くときには免許証などの本人確認書類と出来上がりを知らせる通知ハガキ、マイナンバーの通知カードを忘れずに持っていきましょう。

窓口で3種類の4桁数字のパスワードと8桁英大文字+数字のパスワードを設定して出来上がりです。

3種のパスワードは同じパスワードを設定することも可能です。私はややこしいので覚えやすいように3種とも同じパスワードを設定しました。



9月からはマイナポイントを利用したキャッシュレス還元が始まります。

マイナポイントを紐づけしたキャッシュレスサービス1種類だけを使用可能で、途中変更はできません。

還元率は25%。最大5000円分の還元までを受けることができます。

ところが各社「ウチのを使ってくれ!」と言わんばかりにこの還元以外の特典を用意し始めていますね。

メルペイでは還元分5000ポイントに加えてメルカリでの買い物で最大1000円分のポイントがプラスされます。

また、ゆうちょpayでは還元分に加えてゆうちょpayの新規登録で500円分、マイナポイントの申し込みで1500円分のポイントがプラスされます。

サービス開始までまだ時間があり、各社後出しジャンケンでサービスを追加してきますので今の時期にマイナポイント紐づけを決定してしまうのは時期早々かもしれません。私はしばし様子見します。

もらえるポイントを重視するあまり、使いにくいサービスを選択しても仕方ありませんのでじっくり考える必要がありそうですね。





よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です